DGPアワード

写真のプロ、カメラのプロが選ぶ! デジタルイメージングの総合アワード

DGPアワードは、DGP実行委員会が主催する「撮る」「観る」「残す」「編集する」といった、デジタルイメージングにまつわるあらゆるソリューションを対象とした、デジタルイメージングの総合アワードです。デジタルカメラとその周辺機器を対象とした「DGPイメージングアワード」と“スマホカメラ”とその周辺機器を対象とした「DGPモバイルアワード」の年2回開催。2008年の創立以来、審査には、専門メディアなどで活躍するプロの写真家、評論家に加え、毎日製品の品定めをしている全国の販売店が参加。写真のプロ、カメラのプロに認められた製品が選出されます。

審査委員

<DGPイメージングアワード審査委員>
山田久美夫氏(審査委員長/写真家)、会田 肇氏(評論家)、新井敏彦氏(株式会社ヨドバシカメラ)、河田一規氏(写真家)、川村容一氏(写真家)、永野伸次氏(株式会社キタムラ)、野村憲広氏(株式会社ビックカメラ)、藤井智弘氏(写真家)、桃井一至氏(写真家)、木寺 務(DGP実行委員会)


<DGPイメージングアワード審査協力店>
エディオン、カメラのキタムラ、ケーズデンキ、コイデカメラ、コジマ、ジョーシン、ソフマップ、ビックカメラ、100満ボルト、マップカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラ


<DGPモバイルアワード審査委員>
海上 忍氏(評論家)、桃井一至氏(写真家)、山田久美夫氏(写真家)、山本 敦氏(評論家)、弓月ひろみ氏(評論家)、木寺 務(DGP実行委員会)

受賞結果

受賞結果は、審査協力店の店頭で配布されるフリーマガジン「DGP2022受賞製品お買い物ガイド」および、デジタルカメラグランプリ特設サイト(https://www.phileweb.com/dgp/about.html)より無料でダウンロード可能な「DGP2022受賞製品お買い物ガイド」(PDF版)にてご確認いただけます。

主催

DGP実行委員会

CONTACT
© Ongen Publising Co., ltd. All Rights Reserved.